建築塗装・鉄骨塗装・防水工事・プラント塗装なら、副島塗装にお任せください!

  1. トップ
  2. 塗替えを検討中の方へ

塗替えを検討中の方へ

塗り替えをご検討中の方へ

そろそろ塗り替えかなぁ?壁がくすんできてる?でもどこにお願いしたらいいのか分からないし、どのくらい費用が掛かるかもわからないし・・・もうどうしたらいいのか分からない!!だったら、副島塗装工業にお任せください。とはいっても不安ですよね、まずはこちらを見てご検討ください。

建物を長持ちさせるためには、早めのお手入れが大切です!!

完全自社の腕の良い塗装職人が、手間暇かけて下地処理を行い・塗布量・塗り間隔・塗り回数を守り品質重視の施工を行う事を、お約束致します。

どこにに頼んだら??

新築を建てた業者さんが本当に良い方で安心できる方であればそちらへお願いするというのも一つかもしれません。

でも、今業者を探されているのであれば、大手ハウスメーカーにお願いしていたり業者が良く分からないという方ですよね。

まずは地元で探してみてください。あまり遠すぎる、近くに支店が無いという場合はアフターフォローに不安が残ります。

そして、検討している会社を知りましょう。自分の会社の利益だけを考えた悪質な業者は残念ながら沢山存在します。

貴方の大切な建物、お金を任せても大丈夫な会社なのかしっかり見極めましょう。

そのためにも出来れば複数の会社から調査、見積りを取る事をオススメします。

同じ工事で金額の差が大きく出るのは?

工事を依頼するとき、ブランドによる安心感で大手メーカーにお願いする事を大半のお客様が考えます。

しかし、大手メーカーで実際に作業をするのはメーカー下請けの専門業者です。そのため直接業者に依頼をする場合には掛からない費用が必要となり高額になってしまうケースもあります。

価格について

価格は業者によって開きがあります。

高すぎるのはもちろん良くないですが、安すぎるのも考え物です。

必要な行程、材料に掛かる費用を適正に請求しているのかは専門家ではないお客さまには分かりません。

どんな工事を行い、どういった材料を使用するのかなどの内容を示してくれる業者を選んでいきましょう。分からない事は何でも聞いてください。

一言で塗装といっても塗料や材質により内容や価格が様々です。

塗料には種類によって耐久年数や持っている特長が様々です。特徴や次の塗り替えの目安時期などの確認しながら予算と相談しながら塗料を決めていきましょう。

工事中でも行っている作業で気になることは気軽に質問してください。大切なお住まいで不安なく過ごしていくために疑問は解消しておく事が大切です。

セルフチェック!

塗り替えの時期って良く分かりませんよね。

建物は紫外線や風雨の影響で年々劣化していきます。塗装は見栄えだけでなく、建物の劣化を抑えてくれるものになりますので、建物を守るために簡単にチェックして塗り替えサインを見逃さないようにしてください。

見逃し、放置は簡単な塗装で済むものを大きな工事に代えてしまいます。

チョーキング現象

外壁を触ってみてください。手に粉が付いてきませんか?もし付いてきたら塗膜の劣化が始まっているサインです。

特に色があせている部分は要注意です。放っておくと塗膜が完全になくなり、防水性がなくなってしまいます。

カビ・コケ

日陰や屋根の北側、日の当たりにくい場所にカビやコケは発生していませんか?

寝ずいてしまうと外壁が黒ずみ洗っても取れなくなってしまいます。

通りから見える面や人目につきやすい部分はいつもきれいに保ちたいですよね。

防カビや防腐効果のある塗料などもあり、新たなコケやカビが付きにくくなります。

塗り替えの時にご相談ください。

クラック(ヒビ割れ)

壁にヒビはありませんか?築年数を重ねると目立ってくるのがこのクラックです。

塗膜の劣化はなくてもこのクラック部分から水の浸入が起こり建物の劣化を進めてしまいます。

クラックは見つけたら早めに対処しておきたいサインの一つです。

色あせ

日向と日陰部分で外壁の色が違いませんか?

直射日光や雨を長時間浴びる事で塗膜が色あせを起こしていきます。

放っておけばチョーキング現象等のほかの症状へ進行していきますので、塗り替えの検討をオススメします。

サビ

サビはありませんか?長時間雨を浴びる事でサビが発生します。サビは金属の劣化です。早めに対処をしていきましょう。

広範囲に広がってしまっては多額の工事費用が必要となってしまいます。

塗膜の剥がれ

塗膜が浮いていたり、剥がれていたりしませんか?

下地の劣化や塗膜の密着不良などで塗膜の剥がれが発生します。もちろん剥がれてしまえば防水機能は失われます。

ポロポロと剥がれて見た目も汚くなってしまう前に新たな塗膜で保護を行ってください。

窓周りの雨染み

窓の周りで線上の黒ずみはありませんか?

この黒ずみ(雨染み)は雨に含まれる大気の汚れが付着したもので、なかなか擦って落ちるような汚れではありません。